両眼視機能検査とビジョントレーニングなら、視覚行動研究所(新潟市)へ。

視覚行動研究所(新潟市)トップページへ ビジョントレーニング、両眼視機能検査なら。
電話番号025-210-4447
お問い合わせ
一般視機能検査・メガネ製作 スポーツビジョントレーニング キッズビジョントレーニング 研究所について 指導実績など お問い合わせ
視覚行動研究所トップページキッズビジョントレーニング>よくある質問
よくある質問
Q1 ビジョントレーニングはどのくらい続ける必要がありますか?

A1 症状にもよりますが、当初は1日10分から20分最低3ヶ月程度続けることが必要です。
その後は経過を見ながらトレーニングを続けて参ります。
また、トレーニングは一人ではできませんので、親御さんのご協力が必要となります。
Q2 ビジョントレーニングとは、具体的にどのようなことをやるのですか?親子で簡単にできるものですか?また、特別な器具などは必要でしょうか?

A2 ビジョントレーニングは、ご家庭にあるものを利用して、誰でも簡単に取り組めるものです。

たとえば、追従性眼球運動のトレーニングでは、お子さんの顔から40cmくらいのところで消しゴムのついた鉛筆などをゆっくりと動かし、顔を動かさずに眼で追ってもらう、といった訓練を行います。
視覚行動研究所では、検査時に一人一人の症状にあわせた、ビジョントレーニング指導をいたします。
Q3 ビジョントレーニングで視力を回復することは可能ですか?

A3 ビジョントレーニングは、あくまでも両眼の使い方や、目と脳、体のネットワークなど視機能を向上するためのものであり、視力を回復することとは、また目的が異なります。
視力により日常生活に支障をきたす場合は、メガネ等による矯正をおすすめいたします。

Q4 学習障害(LD)は、ビジョントレーニングによって克服できますが?

A4 克服できるとは言い切れませんが、子どもの発達を阻害する要因のひとつとして、視覚機能の改善を図ることで、負担を軽減させ、順調な発達を促していくことが可能と思われます。
Q5 新潟県外在住者ですが、出張検査はお願いできますでしょうか?

A5 視機能検査車がございますので、10人以上の場合は出張検査も可能です。ただし、検査代のほかに別途出張料金がかかります。詳しくは料金表をご覧ください。 ※個人で出張検査を希望される方はご相談ください。

検査のご予約は今すぐ! お問い合わせはこちらまで

 こちらのフォームでも受け付けております。

1. 子どもの「集中力」や「身体活動」を向上させてあげたい方へ
2. 「視覚と身体感覚の統合による、適正な集中をみちびく眼」 を育てるには?《ビジョントレーニング》
3. 「両眼視機能検査」「視覚認知検査」のススメ
4. メニューと料金
5. お客様の声
6. よくある質問
ページトップへ↑ 





両眼視機能検査とビジョントレーニングなら
視覚行動研究所
TEL: 025-210-4447 FAX:025-210-4448
 

Copyright (C) 2006 Institute For Behavioral Optometry All Rights Reserved.