両眼視機能検査とビジョントレーニングなら、視覚行動研究所(新潟市)へ。

視覚行動研究所 新潟市のビジョントレーニング  新潟県内、他県へも出張致します。
電話番号025-210-4447
お問い合わせ
一般視機能検査・メガネ製作 スポーツビジョントレーニング キッズビジョントレーニング 研究所について 指導実績など お問い合わせ
視覚行動研究所トップページ > 「深視力」強化コース

「深視力」強化コース

「両眼視機能検査」でウィークポイントを見つけ、
「ビジョントレーニング」で徹底強化!
《深視力測定器》で実践練習!

なぜ「深視力検査」に合格できないのでしょうか?


 深視力は「三桿法」と呼ばれる方法で検査されます。

 箱の中にある平行な3本の棒のうち、中央の棒が手前から奥、奥から手前に移動します。
 この時、3つの棒が並んだと思った瞬間、棒の動きを止め、実際のズレによって遠近感を検査します。

 私たちの両眼は、右目と左目が離れているため、同一の物体を見たときには網膜に映る像に微妙なずれを生じ、それを脳の中でひとつの物体として処理する際に距離感が得られる仕組みになっています。

 つまり、情報の入力もとである両眼と、その情報を処理する脳がきちんと機能して初めて、立体感が得られるのです。


 しかし、
  1. 近視や遠視・乱視の矯正ができておらず、目標がはっきり見えていない。
  2. 両眼の輻輳(ふくそう)・開散運動《寄せ・開き》に問題があり、目標を正確に追えない。
  3. 左右の眼で見た像が、脳のなかで立体的に融合されない
  4. 両眼の向きにずれがある《斜位》ため、正確な距離感が得られない。
  5. 左右の視力が極端に違うため、良いほうの眼だけで見ようとし、両眼視ができない。
 などの理由で、正しい遠近感が得られない場合があります。
 このような状況では、当然、深視力検査も厳しいものと思われます。

 視覚行動研究所では、両眼視機能検査により、立体視を阻害する要因を明らかにし、ビジョントレーニングによる深視力の強化を行います
(症状によっては、メガネ度数改善やプリズムメガネによる矯正が必要な場合もあります。)

「深視力」強化コース 5,250円(税込)から
「両眼視機能検査」+「ビジョントレーニング」
両眼視機能検査のみ…\4,200 但しメガネ作製の場合は検査料は無料となります。

●両眼視機能検査
 さまざまな検査により立体視を阻害する要因を明らかにします。
遠方融像幅(水平)
遠方融像幅(水平)
立体視テスト
立体視テスト

●ビジョントレーニング
 症例にあわせたトレーニングにより、深視力の強化をはかります。

ブロックストリングス

プリズムフリッパー

●《深視力測定器》で実践練習
 実機で十分な練習が可能です。



お申し込み・ご相談・お問い合わせはこちらまで!

 こちらのフォームでも受け付けております。


ページトップへ↑ 

     
     




両眼視機能検査とビジョントレーニングなら
視覚行動研究所
TEL: 025-210-4447 FAX:025-210-4448
 

Copyright (C) 2006 Institute For Behavioral Optometry All Rights Reserved.