両眼視機能検査とビジョントレーニングなら、視覚行動研究所(新潟市)へ。

視覚行動研究所(新潟市)トップページへ ビジョントレーニング、両眼視機能検査なら。
電話番号025-210-4447
お問い合わせ
一般視機能検査・メガネ製作 スポーツビジョントレーニング キッズビジョントレーニング 研究所について 指導実績など お問い合わせ
視覚行動研究所トップページスポーツビジョントレーニング よくある質問
よくある質問
Q1 ビジョントレーニングをすると野球のバッティングが上達しますか?

A1 ビジョントレーニングをしたからといって、直接、野球の技術が向上するわけではありません。
しかし、トレーニングによって、試合で自分の持っている能力を、十分に発揮するための眼の使い方を習得するとともに、メンタル面の強化も期待できるでしょう。
Q2 ゴルフで、目標方向とスタンスが合っていないとよく言われるのですが、眼と関係ありますか?

A2 目標に対して常に両眼で視線を合わせ、空間の中での自分の立っている位置、自分の立っている方向を捉えていないと、そのような体の不安定さにつながります。
まず検査によって、どのような眼の使い方をしているかを、自分で気づくことが大切です。
Q3 空手をやっていますが、よくコーチに「力む」と言われます。眼と関係ありますか?

A3 集中しようとしすぎて、必要以上に眼に力が入りすぎてしまうタイプの人がいます。
一点だけを集中して見つめすぎたりすると、体全体が緊張して「力み」につながります
ビジョントレーニングを行うことによって、自然な体の使い方に向かいます。
Q4 新潟県外在住者ですが、出張検査はお願いできますでしょうか?

A4 視機能検査車がございますので、10人以上の場合は出張検査も可能です。ただし、検査代のほかに別途出張料金がかかります。詳しくは料金表をご覧ください。 ※個人で出張検査を希望される方はご相談ください。

検査のご予約は今すぐ! お問い合わせはこちらまで

 こちらのフォームでも受け付けております。

1. 「スポーツ」で最高のパフォーマンスを発揮したい方へ
2. どうしたら最高のパフォーマンスを発揮できるのでしょうか?《スポーツビジョントレーニング》
3. あなたの現在の眼のパフォーマンスは?「スポーツビジョンテスト」のススメ
4. メニューと料金
5. お客様の声
6. よくある質問
ページトップへ↑ 





両眼視機能検査とビジョントレーニングなら
視覚行動研究所
TEL: 025-210-4447 FAX:025-210-4448
 

Copyright (C) 2006 Institute For Behavioral Optometry All Rights Reserved.